回漕問屋福田屋

c0051112_14504571.jpg

名称:回漕問屋福田屋
住所:埼玉県ふじみ野市福岡3丁目

付近は新河岸川舟運の福岡河岸だった場所です。
新河岸川は、江戸時代前期から昭和初期まで江戸と川越を結ぶ重要な舟運として栄えました。

現在、新河岸川に面して案内板が設置されています。
「(略)
福岡河岸は、川越から新河岸川・荒川・隅田川の河川を使い江戸浅草花川戸(現東京都台東区)に至る舟運の、河岸場の一つとして、享保18(1733)年頃開設されました。
舟運の最盛期、天保2(1831)年頃から明治十年代の福岡河岸には、仲買商を兼ねた回漕問屋である吉野屋、江戸屋、福田屋の三軒が営まれ、大井・三富・狭山・所沢・入間方面との物流の拠点として栄えました。(以下略)」

吉野屋土蔵が国登録文化財として残されています。
c0051112_14512195.jpg

福田屋は「ふじみ野市立福岡河岸記念館」となっていて一般開放されています。
有料ですが、大人100円でした。
主屋、3階建ての離れ、文庫蔵があります。

回漕問屋の名残が見事に残っています。明治初期から中期にかけての建築だそうです。これでも最盛期の一部だそうで。
c0051112_1452098.jpg

帳場や台所は、そのまま時代劇のロケに使えそうな雰囲気。
帳場は店側から見られるので、これまた珍しい光景。
c0051112_14522141.jpg

残念なのは離れの見学が1階に限られていたこと。ここはぜひ3階からの景色を楽しみたいものです。
[PR]
by ckk12850 | 2010-12-08 14:55 | 建築物【歴史観光】

主に埼玉県【入間郡&比企郡】の城館跡探訪記です♪


by 左馬助