雷電神社奥の院(ときがわ町)

c0051112_7213157.jpg

城名:雷電神社奥の院
別名:―
城主:?
住所:埼玉県比企郡ときがわ町瀬戸元上
遺構:土塁?・物見台?

ときがわ町の雲河原・日影には、有名な雷電山があります。

県道飯能寄居線(30号線)から望む瀬戸元上にある独立峰は、以前から気になる存在でした。
2万5千分の1の地図を確認したところ、神社がある様子。また、山の西側から北側に川が流れ、天然の要害になっています。

ひとまず瀬戸元下の神社を目指します。神社は瀬戸元下雷電神社でした。
c0051112_722051.jpg

さて、ここからどのように登れば良いものか・・・
拝殿左側に登山道らしき道が!
すぐに分岐しますが、右側の傾斜がある道が登山道です。しめ縄の下を通り抜けたので、奥の院があると判断。
しばらく緩やかな直線の道を登ります。山頂と錯覚しそうな平場へ。
c0051112_7225736.jpg

ここは物見台だった可能性大。または宗教施設があった可能性大。
木々が伐採されていれば、麓が一望できる場所であり、弓立山往還もしっかり監視できる場所になります。
登山道を左へ。ここから急斜面となります。道ははっきりしているので迷うことはないと思いますが、念のために少しマーキング。
麓の拝殿から山頂の奥の院まで徒歩12分。やっと到着です。何度か滑りましたが(汗)
山頂には祠がありました。
c0051112_7272674.jpg

また、平場となっていて、一部切岸もあります。決して広くありませんが、祠に対する人工的な平場の面積が広すぎます。
c0051112_7261225.jpg

また、祠は東向きですが、西と北に土塁があります。土塁は風除けのためかもしれませんが、これが村人の避難所(村の城)だった可能性も否定できません。
c0051112_7245289.jpg

麓から見る独立峰。こんな立派な要害を宗教施設としてのみ利用したとは思えないのですが・・・

参考までに雷電神社は瀬戸元下、奥の院は瀬戸元上にあります。
地図はこちら
[PR]
by ckk12850 | 2011-03-01 07:30 | 比企郡ときがわ町【城跡】

主に埼玉県【入間郡&比企郡】の城館跡探訪記です♪


by 左馬助