金沢顕時・金沢貞顕の墓

名称:金沢顕時・金沢貞顕の墓
住所:神奈川県横浜市金沢区金沢町(称名寺内)

横浜市金沢区にある称名寺。その境内に金沢顕時・金沢貞顕の墓があります。
金堂から金沢文庫に抜ける途中の小高い場所です。

顕時の墓。
c0051112_1192975.jpg

貞顕の墓。
c0051112_11101573.jpg

案内板も設置されています。
金沢顕時・金沢貞顕の墓
顕時(1248~1301)は北条実時の子で、鎌倉幕府の重職であった引付衆、評定衆などを歴任しました。
1285年の霜月騒動によりまして一時政界を退きましたが、その間、禅に傾倒し、五山版のさきがけとなります「伝心法要」の開版をおこないました。
貞顕(1278~1333)は顕時の子で、六波羅探題をつとめたのち、第15代執権となりました。
和漢の書物を多数収集し、金沢文庫を国内屈指の武家の文庫に創りあげるとともに、称名寺の伽藍や庭園の整備につくし、その最盛期を築きました。
1333年、新田義貞の鎌倉攻めにあい、北条高時および北条一族とともに鎌倉の東勝寺で滅びました。
墓地は、従来、向かって右の五輪塔が貞顕、向かって左の五輪塔が顕時の墓とされていましたが、1935年に右の五輪塔から青磁器(重要文化財)が発見され、さらにその五輪塔の様式等から、右の五輪塔が顕時、左の五輪塔が貞顕で南北朝期の供養塔と確認されました。
平成6年3月21日
横浜市教育委員会

石の囲いがあり、その石に金沢顕時、貞顕の墓と刻まれていますが、これが間違いということに!
つまり左右逆の墓です。

金沢貞顕といえば、内管領の長崎高資等により、鎌倉幕府15代執権に就任したものの10日間で辞任したことで有名です。大河ドラマ「太平記」で児玉清の名演技が懐かしい。
決して凡将ではなかったと思います。
地図はこちら
[PR]
by ckk12850 | 2016-10-10 07:00 | 古墳・墓【歴史観光】

主に埼玉県【入間郡&比企郡】の城館跡探訪記です♪


by 左馬助