五厘沼窯跡

c0051112_11135521.jpg

名称:五厘沼窯跡
住所:埼玉県比企郡滑川町羽尾

道が不明で1回目は偶然通りかかり、2回目は十数分探しました。

五厘沼窯跡
羽尾村大字羽尾
この窯跡は、須恵器と呼ばれる焼物を生産したものです。
須恵器は古墳時代後期に朝鮮半島から、その製作集団が渡来して日本でも生産されるようになったといわれています。五厘沼窯跡は発掘調査の時に出土した遺物などから、六世紀末から七世紀初頭にかけて須恵器を焼いたものではないかと推定されます。
山の傾斜面を有効に使い、岩盤をくりぬいている「登り窯」と呼ばれるもので、窯の斜角は十五度位いです。
遺物は高坏・坏・蓋・堤瓶・甕・平瓶・壺・高台付壺・摺鉢の破片が出土しており、これらを生産したものと思われます。須恵器を焼くたびごとに窯を改修したらしいこん跡も残っています。が使用されたのは数回と思われます。
五厘沼窯跡は昭和五十四年一月~三月に道路工事で記録保全のため調査されましたが保存が良好で、周辺の埋蔵文化財と関連がきわめて深いため保存されることになりました。
昭和五十五年三月
滑川村教育委員会
埼玉県教育委員会

遺構といっても窯跡なので・・・
c0051112_11141897.jpg

あまり実感が沸きません。
地図はこちら
[PR]
by ckk12850 | 2016-11-01 07:00 | 埼玉県その他【歴史観光】

主に埼玉県【入間郡&比企郡】の城館跡探訪記です♪


by 左馬助