仙元山

c0051112_1951582.jpg

城名:仙元山
別名:―
城主:?
住所:埼玉県比企郡小川町下里
遺構:?

比企郡小川町にある観光地、標高298.9mの仙元山。
標高約210mの「見晴らしの丘公園」まで車で行けます。
c0051112_1955718.jpg

展望台、ローラーすべり台、トイレ等がありますが、ここが駐車場です。山頂まで25分の案内板がありました。ここから未舗装の車道を数分歩きます。突き当たった場所が登山口。平日はここまで車で入れます。
c0051112_1962072.jpg

登山口地図はこちら

東屋が目の前に。ハチに注意の表示がありましたが、夏場でも歩けそうな道です。
さて、ここから比高90m前後という登山にもならない登山。おまけに急勾配ルートはありません。

2分も歩けば、樹齢600年、埼玉県指定記念物「下里の大モミジ」があります。
c0051112_1995254.jpg

案内板もあります。
寛文期に検地を行った坪井次右衛門が近くを通りかかり、風光明媚な山を見上げたところ大木が見え、モミジと知り「しからばモミジ山と命名せよ」と言ったとか。以後「オナワ(検地の意味)のモミジ」と呼ばれるようになった伝承が残されているそうです。

分岐点が何度かありますが、仙元山山頂を目指します。
c0051112_1983415.jpg

途中、草木が刈られて下里方面の眺めが最高。小倉城が見えたのはビックリです。物見山の稜線もバッチリ見えます。
c0051112_1985580.jpg

山頂手前になると少し勾配が発生します。
展望台がありましたが展望ゼロ!これは残念。
c0051112_19104088.jpg

展望台から1分で山頂。
c0051112_1911877.jpg

登山口の東屋から15分で到着しました。
小川町の市街地の展望は確保されていますが、下里方面は残念・・・

仙元山は城跡ではありません。
それでも地形的条件は青山城がいいのかな・・・地形より地理的条件がいいのかな・・・
トータル面で青山城の方が要害だと思いますが。

仙元山に遺構らしきものはありませんでした。青山城の備えがしっかりしているから、特に防備は必要ないと思うのですが、仙元山から攻められたらどうなってしまうのでしょうか。標高298.9mの仙元山から標高265.1mの青山城は見下ろされてしまうのです。

小倉城から仙元山まで、尾根道で繋がっています。仙元山から小倉城に至る尾根道はハイキングコースとして整備されています。

小倉城本郭にある案内板によれば、小倉城立地概念図「自然地形の外郭線」として、小倉城の北は標高221.8mの遠山地区の物見山、西は標高275.1mのときがわ町五明の物見山東の稜線、北東は標高179mの大平山、南東は標高164.9mの正山まで含めています。また、小倉集落、坂下(下里)集落、遠山集落も中世の集落としています。
小倉城の自然地形の延長線上にあると考えて良い山ではないかと。

小倉城から仙元山に向かって、標高269.8mの仙元山(別の仙元山)、標高275.1mのときがわ町五明の物見山東の稜線、標高287.9mの物見山(ときがわ町五明)、標高268.5mの日本城郭体系第5巻の物見山(ときがわ町五明)、標高252.6mの大日山、標高265.1mの青山城も参考にどうぞ。
山頂地図はこちら
[PR]
by ckk12850 | 2017-01-10 07:00 | 比企郡小川町【城跡】

主に埼玉県【入間郡&比企郡】の城館跡探訪記です♪


by 左馬助