下里の大モミジ

c0051112_10295677.jpg

名称:下里の大モミジ
住所:埼玉県比企郡小川町下里

比企郡小川町にある観光地、標高298.9mの仙元山。
標高約210mの「見晴らしの丘公園」まで車で行けます。
展望台、ローラーすべり台、トイレ等がありますが、ここが駐車場です。山頂まで25分の案内板がありました。ここから未舗装の車道を数分歩きます。突き当たった場所が登山口。平日はここまで車で入れます。
登山口地図はこちら

2分も歩けば、樹齢600年、埼玉県指定記念物「下里の大モミジ」があります。案内板もあります。
埼玉県指定天然記念物
下里の大モミジ
小川町大字下里二五八二
昭和16年3月31日指定
このモミジの木は「カエデ科」ものヤマモミジで、かつて、目通り4.06、樹高7.2メートル、推定樹齢600年の稀にみる大木でした。盛りの頃には、麓からもその生い茂った姿が眺められ、多くの人達から親しまれたと言われています。
その昔、寛文期(1661~1672)に当地の検地を行った坪井次右衛門という人が近くを通りかかり、風光明媚な山を見上げたら、大木が見え、「あれはなんじゃ」と質問され、「もみじの大木にござります」と申し上げたところ、「しからばモミジ山と命名せよ」と言われ、これ以後「オナワ(検地の意味)のモミジ」と呼ばれるようになった伝承が残されています。
平成5年3月25日
埼玉県教育委員会
小川町教育委員会

大モミジ、軽くスルーしてしまうのですが、せっかく登山道にあったので。
枝道が何本かあるので、案内板が下山時の目印にもなります。
山頂地図はこちら
[PR]
by ckk12850 | 2017-07-15 07:00 | 埼玉県その他【歴史観光】

主に埼玉県【入間郡&比企郡】の城館跡探訪記です♪


by 左馬助