大河原氏館(東秩父村)

c0051112_2053486.jpg

城名:大河原氏館(東秩父村)
別名:上田氏隠遁の地
城主:大河原氏・上田氏
住所:埼玉県秩父郡東秩父村御堂362番地・浄蓮寺
遺構:?

県道11号線を小川町から東秩父村に向かうと、右に大きなカーブがありますので分かると思います。
槻川の陣川橋を渡った東小学校、コミュニティセンター、和紙の里が目印です。
浄蓮寺は、東小学校の西側にあります。駐車場はコミュニティセンターでOKです。

「埼玉の館城跡」によれば、丹党一族の弥四郎時秀が大河原に移住し、在名を氏としたそうです。その後、時行、国村、光興の3代にわたり居館したそうです。光興は仏教に帰依し、浄蓮と号して浄蓮寺を開祖したというが、真偽は不明であるとしています。

「日本城郭体系」によれば、浄蓮寺は安戸城の麓の館と推察しています。

個人的には大河原氏色というより、上田氏色が強く出ている館跡だと思います。
境内にある浄蓮寺文化財案内に詳細が記されていますが、上田朝直の墓があったり、上田朝直や上田朝興の免状があったり、上田氏と浄蓮寺の関連を真っ先に疑うべきでしょう。
1590年、豊臣秀吉の小田原征伐の際、武州松山城は前田利家、上杉景勝らの軍勢に攻められ落城。時の城主上田憲定は、故郷の東秩父、御堂の浄蓮寺に戻ったと伝えられます。
自然と上田氏の菩提寺であったことが理解できるのです。

上田氏に関しての近年の研究は驚くほど進んでいます。図書館や本屋で探してみると良いでしょう。15年くらい前、この寺のご住職に「上田氏または大河原氏の関連資料があったら販売して欲しい」とお願いした覚えがあります。庫裏の整理中で入手できませんでした・・・

境内に特別遺構らしきものは見当たりませんが、石垣が遺構だったりして・・・
ご住職の住居と思われる武家屋敷風の門構えと石垣が良い雰囲気です。
c0051112_20541855.jpg

[PR]
by ckk12850 | 2007-06-19 20:56 | 秩父郡東秩父村【城跡】

主に埼玉県【入間郡&比企郡】の城館跡探訪記です♪


by 左馬助