柏の城

c0051112_203875.jpg

城名:柏の城
別名:亭の台・志木城
城主:在原業平?・大石顕重・大石直久・大石氏・福山月斎
住所:埼玉県志木市柏町3丁目・志木第三小学校
遺構:大堀跡

資料を持たず、地図はカーナビだけという心細い訪問です。某小学校の敷地が城跡という記憶が。
志木小学校、志木第二小学校、志木第四小学校を徘徊し、志木第二小学校の警備員さんに、柳瀬川駅北東側の志木第三小学校に城跡があるはず、と教えられてやっと訪問です(笑)
こんなにも勝手に混乱したのは「館」という地名があったためで、街中の城跡訪問は決して侮ってはいけないという典型的な例でした。

さて、一方通行、スクールゾーン等、やたら気を遣う道路標識が多い細い道を通り、志木第三小学校の周囲を3周(苦笑)
しかし、柳瀬川を西側から北側の外堀に見立て、河岸段丘の高台に構える城跡であろうことは容易に判断できます。
城山貝塚の遺跡がありましたが、「城山」の文字を見て近づいていることを実感。

学校の敷地西側に「長勝院」という寺院を発見。ここで作戦会議。何のことはない、城跡にいたのです。なお、長勝院は廃寺となっていますので、駐車には気配りを。
c0051112_20392566.jpg

案内板がありました。
柏の城西の曲輪跡
柏の城は、関東管領山内上杉家の重臣大石氏一族の戦国初期からの居館といわれていますがその築城年代などは一切不明です。
江戸時代の享保12年(1727)から同14年にかけて舘村(現在の志木市柏町・幸町・館地区付近)の名主宮ヶ原仲右衛門仲恒により執筆された「舘村旧記」によると、志木第三小学校地に本城が、その東側に二の曲輪、市道をはさんだ南側に三の曲輪が、そしてこのあたりには西の曲輪があったとされています。
このあたりはかつて「亭の台」ともよばれ、在原業平の座所として設けられた館の跡であるという伝説も伝わっており、古来よりこの地域を統括するような有力な人物と関係するなんらかの施設があったらしいことが推測できます。
また、館村八景の1つに「亭の下の夕照」とあるように、この付近は、秩父連山から富士山まで眺望できる景勝の地としても有名な所でした。
平成6年2月25日
志木市教育委員会

と記されています。

長勝院には志木市指定文化財の「長勝院旗桜」があり、城跡と関連する内容が記されています。
チョウショウインハタザクラ(長勝院旗桜)
目通り樹周り(目の高さ位の樹木の周囲)3.05m、高さ11.20m、推定樹齢4百年以上のハタザクラ。
(略)
県内各地の桜と比較しても巨木の中にはいるもので、樹齢等の点からみても大変貴重なサクラです。
またかつてこの地にあったともいわれる柏の城の歴史を語る生き証人としても大変重要な桜で、今後大切に保護保存していくべき桜です。
平成6年2月25日
志木市教育委員会

と記されています。

さて、志木第3小学校校門に戻り、本城確認。校門の左手(西側)に「史跡 柏の城跡」と記された標柱と案内板が設置されていました。
c0051112_20395498.jpg

案内板には詳細が記されていました。
史跡 柏の城跡
この辺一帯を遺跡とする柏の城は、木曽義仲の子孫で武蔵屈指の豪族大石氏が室町中期に造った居館である。そして京都聖護院の門跡道興准后が文明18年(1486)から翌年にかけて関東各地を巡歴した際の紀行歌文集「回国雑記」に見える「大石信濃守といへる武士の館」とされている。ここで言う大石信濃守とは大石顕重のことで、本城は現八王子市の高月城であった。
顕重以後の城主は定かではないが、大永年中(1521~1525)に修築が行なわれ、本丸(運動場のほぼ中央)、西の丸(長勝院境域)、二の丸(わき道に沿った校地の一角)、三の丸(前の市道を背にする一帯の宅地)を備えるに至ったと伝えられる。
その後、大石氏は北条氏康に服属したが、天正のころは、大石越後守直久が城主であった。直久は顕重の曽孫大石定仲の長男で、天正9年(1581)から北条氏の指令に基づき、駿河国獅子浜城の城代となっていた。柏の城が豊臣勢に攻められて落城したのは、武蔵国のほかの諸城と同じ時期の天正18年(1590)。徳川家康が江戸へ入府すると、家臣福山月斎が新しい地頭として、この城地に居住した。
昭和54年10月1日
志木市教育委員会

と記されています。

大石氏は八王子市高月城、所沢市滝の城、志木市柏の城に名が確認できますが、こんなに勢力があったのか・・・と驚くばかりです。
「大石信濃守といへる武士の館」も果たして柏の城が正解なのか難しいです。

4つの郭から構成されていますので、戦国時代末期まで存続した可能性があるのは理解できますが、天正18年の城主は誰だったのか、謎が残ります。
付け加えるならば、天正18年に城として機能していたのかどうかも謎です。

南側には新しくマンションが建設されています。マンションの南側には「大堀跡」があり、案内板に縄張図も記されています。あまりにも簡素な縄張りに驚きましたが・・・
c0051112_20401920.jpg

校門前で標柱や案内板を撮影していたら、某NPO法人理事長様から声を掛けられました。
長勝院のハタザクラを見る方は多いけれど、柏の城の案内板や標柱を眺めている方は少ないとのこと。
いろいろ話をさせて頂きました。昔、志木第三小学校敷地は志木中学校の敷地だったそうで、柳瀬川沿いには井戸があったとのこと。
う~ん、歴史に強い方がいらっしゃると城跡談義にも花が咲きます。
地図はこちら
[PR]
by ckk12850 | 2008-09-01 07:00 | 志木市【城跡】

主に埼玉県【入間郡&比企郡】の城館跡探訪記です♪


by 左馬助