岐阜大仏(正法寺)

c0051112_14323984.jpg

名称:岐阜大仏(正法寺)
住所:岐阜県岐阜市大仏町8番地

日本三大仏の一つという大仏は乾漆仏としては日本一の大きさです。
もっとも、日本三大大仏の定義は定かではないため、名乗った者勝ちの感が。

グーグルのコマーシャルで一躍有名になり、多くの人の参拝がありました。
また、外国人も多かったです。

駐車場は一方通行の道に面してありますので、岐阜城方面から右折することになります。
道路から大仏殿が見えます。案内板も多く、石柱まであります。ただし裏側。

正面は西向きで、境内から見ることになります。
c0051112_1433459.jpg

奈良の大仏殿と比べると驚くほど小ぶりですが・・・
c0051112_14335740.jpg

それでも技巧を凝らした造りです。

受付で拝観料を払い、パンフレットを入手。
日本三大仏
黄檗山金鳳山正法寺
大仏(岐阜県重要文化財)
金鳳山正法寺は、京都宇治黄檗山万福寺の末寺である。第十一代惟中和尚は、歴代の大地震および大飢餓の災霊の祈願をたて、奈良東大寺大仏の聖徳を敬って、ここに大釈迦如来像の建立をはかる。
この大仏は周囲一.八メートルの大イチョウを真柱として、骨格は木材をもって組み、外部は竹材にて編み粘土をぬり一切経、阿弥陀経、法華経、観音経などを張り、その上に漆を施し、金箔をおいた日本一の乾漆仏である。
惟中和尚は、正法寺の門徒が少なく各地を托鉢して、遠くは信越地方まで、ひたすら経本の喜捨に歩いた。苦業二十五年、文化十二年七月二十二日建立なかばにして歿した。
第十二代肯宗和尚は師の志をよく継ぎ、天保三年四月、苦業十三年二代にわたる実に三十八年の歳月を費やして、ここにようやく大釈迦如来像を完成した。大仏の開眼供養には、尾州侯の使者を賜り、織田信長の居城以来の盛儀であったといわれる。
大仏は像高一三.七メートル、顔長さ三.六三メートル、耳長さ二.七一メートル、口幅〇.七一メートル、鼻高さ〇.三六メートルあり、胎内仏として薬師如来像(県重文)が安置されている。
〒五〇〇―八〇一八
岐阜市大仏町八番地
電話〇五八―二六四―二七六〇

大仏だけではなく、大仏を取り囲む五百羅漢等、見どころは多いです。
椅子もあります。ゆっくり座って大仏様の顔を眺めるだけというのも至福の時間。
地図はこちら

[PR]
by ckk12850 | 2018-06-15 07:00 | 神社仏閣【歴史観光】

主に埼玉県【入間郡&比企郡】の城館跡探訪記です♪


by 左馬助